ひげ脱毛前後 飲酒


main_top
今すぐチェック

ひげ脱毛前後の飲酒は禁止!

ひげ脱毛を施術しようと思っている人で、施術前後で気を付けないといけないことがあります。

それは、ひげ脱毛前後の飲酒は絶対にしないこと!です。

まず、脱毛前に飲酒するとどうしてダメなのかというと、お酒を飲むと血行が促進されて体温が上がりますよね。

顔だけじゃなく全身が真っ赤になったり、鼓動が早くなって暑くなる人もいますよね。

飲酒による身体の変化には個人差はあるものの、飲酒が血流を促進して体温を上昇させることは同じです。

この状態で脱毛を受けてしまうことにより、肌トラブルを引き起こす原因になるといわれているので、脱毛前の飲酒は殆どのサロンやクリニックで禁止されています。

普段の状態ならば脱毛でかぶれたりしない肌質の人でも、飲酒の影響でかゆみなどの肌トラブルを生じる危険性もあります。

体内に取り込んだアルコールが分解されて、体内が正常な状態に戻るのも個人差はあるものの数時間はかかります。

お酒に弱い人は、強い人に比べるとより分解に時間がかかります。

脱毛する前日にアルコールを多く摂取すると、それだけ分解するにも時間がかかってしまいますよね。

正常な状態に戻っていない危険性があるため、脱毛前の飲酒は厳禁なのです。

また、ひげ脱毛後の飲酒も控えるようにしましょう。

何故なら、脱毛直後はどれだけダメージが少ない脱毛方法で脱毛したといっても、軽く炎症を起こしたような状態になっています。

この状態で飲酒をすると、血行がよくなることで、さらに炎症が強くなってしまう危険性があります。

つまり、脱毛後の肌が充分に沈静することが出来ず、脱毛した範囲にかゆみが出たりなどの皮膚トラブルに発展してしまう危険性があります。

ですから、肌の状態に刺激を与えるようなことを避ける意味で、脱毛後の飲酒はやめるようにいわれているのです。

また、アルコール摂取は脱毛効果を半減させてしまうという可能性も指摘されています。

血行が促進されると毛根組織も刺激を受け、毛の成長を促してしまう可能性があるからです。

せっかく脱毛したのにこれでは意味がありませんよね。

ひげ脱毛の効果を最大限生かすためにも、脱毛前後の飲酒はしないように心掛けましょう。

今月のランキング
東京アールズクリニック

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 名古屋@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.