ニキビ・ニキビ痕 ひげ脱毛


main_top
今すぐチェック

ニキビ・ニキビ痕ができていてもひげ脱毛できる?

皮脂の分泌量が多い男性もいますので、顔にニキビができやすくて悩んでいる人もいるでしょう。

実は、ひげ脱毛を受ける時にニキビがあると、お手入れが受けられない可能性もあるんですよ。

ニキビが炎症を起こしている状態で脱毛を受けると、症状が更に悪化する恐れがあります。

安全性が高いメンズエステやクリニックの脱毛でも、多少はお肌にダメージを与えますので、ニキビがある状態でお手入れを受けるのは避けた方が良いんですね。

たとえば、ホクロや傷痕の場合なら、その部分を保護テープなどで隠してお手入れを受ける方法もあります。

しかし、炎症が起きているニキビに保護テープを貼るのも良くありませんので、脱毛を断られることが多いのです。

特に顔はデリケートでトラブルが起きやすい部分ですから、もし断られなかったとしても、ひげ脱毛を延期することをオススメします。

また、ニキビがそのままキレイに消えてくれれば1番良いのですが、その部分が痕になってしまう可能性もありますね。

ニキビ痕の場合は対応してくれるメンズエステやクリニックも多いですから安心して下さい。

完全に治っていて色素沈着を起こしている状態であれば、保護テープを貼ることができます。

この保護テープを貼るという方法は、フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛に用いられるんですよ。

これらの施術方法は、毛に含まれるメラニン色素に反応する光を利用するのですが、色素沈着を起こしているニキビ痕の正体もメラニン色素なんですね。

メラニン色素がお肌の表面に集まることによって黒くなりますので、その部分にそのまま光を照射すると、ヤケドなどのトラブルが起こる可能性があります。

それを避けるために、保護テープを貼るという方法が用いられるんですよ。

ニードル脱毛の場合は毛穴を1つ1つ処理するため、保護テープなどを貼らなくても、その部分を避ければ問題ありませんね。

もしニキビができていて、ひげ脱毛が受けられるのかどうか不安なら、事前にお肌の状態をチェックしてもらいましょう。

今月のランキング
東京アールズクリニック

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 名古屋@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.