医療機関 医療レーザー脱毛


main_top
今すぐチェック

医療機関で行う医療レーザー脱毛の特徴

医療レーザー脱毛でひげのお手入れをする方法もあります。

これは黒いメラニン色素に光のパワーを集中させ、毛根の機能を破壊させる方法です。

仕組みとしてはフラッシュ脱毛とほとんど変わりません。

但し、光の性質や出力レベルが異なるのです。

それでは、医療レーザー脱毛の具体的なメリット・デメリットを挙げてみましょう。

メリット

・照射範囲が広いため、お手入れの時間が短くて済む

・医師や看護師が施術するため、安全性が高い

・医療機関で行うためトラブルにも即座に対応できる

・フラッシュ脱毛よりも光の出力レベルが高いため効果が期待出来る

デメリット

・ある程度の痛みを感じる

・レーザーの出力レベルが高いためヤケドしやすい

・医療機関で行うため費用が高くかかりがち

・日焼けをしているとお手入れ出来ない可能性がある

まず、医療レーザー脱毛はレーザーをお肌に照射するだけですから、お手入れ時間が短くて済みます。

ひげ脱毛の場合は範囲も狭いため、個人差はありますが15分程度で完了すると言われていますよ。

また、医療機関にて医師や看護師が施術します。

医師や看護師であれば知識や技術力も備わっているため、安心して任せることが出来ますよね。

万が一肌トラブルが生じたとしても、即座に対応してもらえるでしょう。

医療機関でしか行うことが出来ないのは、フラッシュ脱毛に比べて光の出力レベルが高いからなのです。

その分、フラッシュ脱毛に比べると効果が期待出来ますよ。

しかし光の出力レベルが高い分、痛みを感じやすいというデメリットがあります。

輪ゴムで弾いた時の痛みとも表現されますが、実際はそれよりも強い痛みを感じますので、ある程度は覚悟しておく必要がありますね。

その上、出力レベルが高いからこそ、他の脱毛方法に比べてヤケドなどのトラブルが起こる可能性も比例して高くなります。

医師や看護師が施術しますので安全性は高いのですが、トラブルが起こる可能性もあることを頭に入れておきましょう。

また医療機関で行う分、費用が高くなる可能性もあります。

ひげの場合はお手入れの範囲が狭いですし人気の部位ですから、エステサロンだと安く設定されていることも多いのです。

安く済ませたいと考えている人には、向かないかもしれません。

医療レーザー脱毛は毛の黒い色を作り出しているメラニン色素に反応する仕組みですよね。

しかし、日焼けをしているとマシンが誤ってお肌にレーザーを照射してトラブルが生じる可能性があります。

ですから、日焼けをしている場合はお手入れを断られてしまうかもしれません。

医療レーザー脱毛の最大の特徴は医療機関で施術することですね。

安全性が高い分、費用が高かったり痛みが強いという特徴もありますので、デメリットも踏まえた上で検討してみましょう。

今月のランキング
東京アールズクリニック

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 名古屋@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.