花粉症になると脱毛が出来なくなるって本当?

花粉症の時期になると、鼻がムズムズしたり目が痒くなったりして毎年大変な思いをする男性はいるはずです。

そんな花粉症で悩まされる男性が脱毛をする場合、いくつか注意点があります。

今回は花粉症と脱毛の関係について詳しく見ていきましょう。

・花粉症になると脱毛は受けられない!

まず花粉症になった人は、脱毛が受けられない可能性が大いにあります。

これは花粉症の症状が脱毛効果を低下させる恐れがあるためで、症状が現れた場合はほとんど脱毛が受けられません。

また施術的に問題が無いとしても、何かあった際にサロンやクリニックでは責任が負えません。

そうしたリスクを避けるためにも、基本的に花粉症になった際の脱毛はNGとなっています。

・薬の服用で受けられない事もある!

花粉症になると、大抵の人が病院などから薬を処方されるはずです。

その際の薬と脱毛の相性が合わない場合、肌荒れが進行して脱毛どころではなくなります。

こうしたリスクを避けるためにも、サロンやクリニック側は容易に脱毛OKサインを出してくれないわけですね。

・こんな人は要注意!

花粉症にかかった人の多くは、初期症状に気づかない場合がほとんどです。

中でも多いのが「鼻や目がムズムズしていたけど、まさか花粉症だとは思わなかった」という意見。

確かに著者も花粉症にかかった初期は、症状自体が花粉症だとは思いもしませんでした。

このように本人が症状を自覚せぬまま脱毛を受けに行くと、脱毛を開始した後に肌荒れがひどくなるといったトラブルが発生しやすくなるわけです。

こうした本人の気づかない花粉症トラブルが後を絶たないため、まだ花粉症でない人は「自分は大丈夫!」と安易に思わない方が身のためです。

・カウンセリングを上手く使おう!

とはいえ花粉症にかかっていない人は、花粉症の症状自体を中々把握できないもの。

そこで活用したいのがカウンセリングです。

カウンセリングでは専門スタッフが日常における体調変化を色々と聞いてくれます。

その際、些細な事なら何でも構いません。

鼻や目がムズムズするといった花粉症らしい症状があるなら、包み隠さず素直に伝えましょう。

また現在花粉症の人や何かの薬を服用している人も、カウンセリングの際に報告する事が大切です。

仮に今回の脱毛を断られたとしても、花粉症の時期が終わった頃に再び予約をすれば脱毛を再開できます。

とにかく脱毛では肌荒れが起きない事が第一です。

そのためにも花粉症など肌トラブルを引き起こしやすい要素は、カウンセリングの内にしっかり担当スタッフに伝えるよう心がけましょう。

今月のランキング
東京アールズクリニック

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 名古屋@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.